せんべい豆知識
あられ、おかき、かきもちの
名称と由来
「あられ」桃の節句の雛祭の折に雛壇に供えられる「雛あられ」はもち米製品であり、また寒い時期に降る霰に形が似ていることからこの名が生まれたのではないかと言われている。
また、「おかき」「かきもち」お正月に飾られた鏡餅をかき砕いて、焼いて醤油を付けるとか油で揚げて塩で食べるをなりを、したことから名称が生まれたと言われている。

塩せんべいの名称と由来
江戸時代の元禄年間(西暦1690年代)に京都の菓子類の製造方法が江戸に伝わり、うるち米粉を蒸して練上げ、竹筒等で型抜きし天日で乾燥した生地を火種を入れた七輪と一緒に背負い、客の求めに応じてその場で生地を焼き、塩又はヒシオ(醤油の素)を付けその香ばしさを売物にして歩く商売があった。当時の民衆は未だ醤油を口にすることが出来ず、主として醤油の代りにヒシオを使用していたことが文献にも明らかである。
またその頃、江戸の北郊地帯(柴又、町屋、千住、竹ノ塚、草加)にかけて、米粉を蒸して乾燥し、炭火で焼いたものに塩味を付けて食べていた土地の農家があったといわれている。
その後、文化、文政の頃(西暦1800年代)となり、初めて醤油が一般に普及されるに及んで、塩又はヒシオで家内工業的に製造販売されるようになった。
「塩せんべい」という名称が出来たことについては、沢山のエピソードがあます。ここではその中の一つをご紹介します。
「草加せんべいの起源は、奥州筋道に茶店を出して、団子を売っていた老婆(名前をお仙さんという)が売残りの処置に苦しんでいたのを、旅人が薄く延ばして焼き塩味をつけたらと教えたのによって出来たものと言い伝えられている。
また「塩せんべい」は江戸付近に早くからあったものだが、一時すたれていたのが文化、文政頃(西暦1817年頃)再び流行し、文政時代には醤油が常用されるようになったので、江戸を初め関東人の好みに適合して、大いに売れることになったとも言われている。

「煎餅」&「おかき」の出来るまで
詳しくははこちら


お買い物をしてみる

サイトマップ
会社概要
新着情報
お問い合わせ

▲ページのトップへ

(C) Mikawaya CO.,LTD.